確定申告で雑損控除を受けるには

今年も台風の被害や地震で被害が多かった年ですね。
私の親戚が北海道にいますが、それほど被害はなく安心しましたが、地域によっては今も自宅に戻れない人もいます。
もし災害などにあったら一定の金額の所得駆除を受けることができるので、確定申告してください。
これを雑損控除といい、災害だけではなく盗難もしくは横領によって資産について損害を受けた場合も対象になります。
私のパート先の職員さんが実家が火事になってしまったので、こういった場合も控除の対象になり、ちょっと以外だったのは害虫などの生物による異常な災害も対象になるそうですよ。
でも詐欺や恐喝のような被害にあった場合には雑損控除は受けられないのは残念です。
雑損控除の金額は①と②のいずれか多い方の金額で、①(差引損失額)-(総所得金額等)×10%、②(差引損失額のうち災害関連支出の金額)-5万円になります。
雑損控除を受けるためには確定申告書に雑損控除に関する事項を記載し、災害等に関連した支出の金額の領収証を添付するか、提示する必要があります。
また給与所得がある場合には、給与所得の源泉徴収票(原本)を申告書に添付する必要もあります。