乗る機会が少ない車は思い切って手放すことも

学生時代に取得しておきたい免許や資格として「運転免許証」が挙げられます。
その後、車を運転する機会が多いか少ないかはともかく、学生のうちに取得しておくと安心ですよね。
車の運転免許証があると、履歴書の「免許・資格欄」に記入できるほか、本人確認書類としても活用することができます。
いずれにしても、運転免許証を取得してマイナスになることは少ないでしょう。
社会に出ると、自動車教習所へ通う時間の確保が難しくなります。
一昔前と比べると自動車教習所の待遇はよくなりましたが、それでも職場に迷惑を掛けることは避けられないかもしれません。
実際に、車を持つかどうかはケースバイケース。
就職先や、その職場での配置先によっても異なります。
転勤を機に、車での通勤が必要になるかもしれませんね。
逆に、車の必要性を感じなくなることもあるでしょう。
もし、車に乗る機会が少ない場合は、思い切って手放すことも大切です。
そうすることで、自動車税や車検費用などの維持費がなくなります。
滅多にハンドルを握らない場合でも、所有している限り維持費が掛かってくるのです。
車を持っている人は、その点についても考え直してみてはいかがでしょうか。