確定申告のセルフメディケーション税制って何?

毎年、確定申告の時期になると医療費の計算が結構大変だったりします。
でも去年から「セルフメディケーション税制」というものが始まったそうで、セルフメディケーション税制は新しい医療費控除なんだそうです。
普通の医療費控除は一年間に10万円以上の医療費を控除することができたんですが、セルフメディケーションは一年間で1万2千円を超えると控除可能になるそうです。
セルフメディケーションでは年間10万円が上限で、生計を一にする家族が購入した医薬品(「OTC医薬品」というそうです)の合計が1万2千円以上から所得控除ができ、最大の控除額は8万8千円になるそうです。
この税制を選択するメリットは「病院にあまり行かない」「市販の薬を使うことが多い」という場合には普通の医療費控除よりもお手軽なのでおすすめの制度かもしれません。
まだセルフメディケーション税制ははじまったばかりなので、どの医薬品がOTC医薬品の対象になるのかなど確認することに手間がかかりそうですが、来年くらいからはもう少しわかりやすくなるかもしれませんね。