国選弁護人(弁護士)のメリットやデメリット

罪を犯して、裁判を受けることになっても、お金がないため自分で弁護士を雇うことができないという場合は、国が国選弁護人を選んでくれます。
最初の大きなメリットは、国が弁護士を選定して、弁護士への費用を支払ってくれるため、弁護士費用が無料であるということです。
国選弁護人がいるおかげで、誰でも裁判の際に弁護士の弁護を受けられるようになっているため、非常に優れた制度と言えます。

では国選弁護人にはメリットしかないのでしょうか?
とにかく裁判の時に、弁護士からの弁護を受けられるだけでも、十分と言えるでしょうが、一応デメリットを見てみましょう。
国選弁護人は国から報酬をもらうことができますが、その報酬金額は私選弁護人の場合よりもかなり安いケースが見られます。
もちろん弁護士は、報酬のために仕事をしているわけではありませんが、それでも報酬は一種のやる気のバロメーターになるものです。

ですから国選弁護人の報酬が少ない場合、どうしてもサービスが劣ってしまう可能性は否定できません。
そして嫌な弁護士が来たとしても、国選弁護人を交換することはできません。