友達の結婚式のために動画制作をした

友達の結婚式で余興をすることになった。
本番までに余興のオープニングムービーを作ることになったので、その準備に取り掛かった。
短いがその中にぎゅっと詰め込むことにした。
動画制作をするために必要なものや、どんな風にするか話し合いをした。
意見をまとめて、とりあえず決まった動画の流れを頭に入れた。
そして、動画撮影がスタートした。
最初は、手探りでいろんな角度から撮影をしたのだが、だんだん慣れてきて、二日間で撮り終えることができた。
そして、音楽と合わせたりと、細かい編集も少しずつ進めていった。
ざっくりと決めていたので、出来上がっていくうちに、うれしくなった。
音楽と合わせるとまた違ってくるし、こんな感じになるのかと発見もあった。
オープニングムービーで少し時間は稼げるので、ダンスは短めにすることにした。
みてる人が飽きないようにしようという意見もあったからだ。
動画制作をしながら、結婚するのかとしみじみするときもあり、それだけで涙がでてきた。
動画制作をするとは思ってもなかったので、とても楽しかった。
あとは本番だけとなった。