せっかく外壁塗装したとしても竜巻にはかなわない

 このところ、やたらと竜巻注意報が出ています。
テレビを見ていても、いきなり竜巻注意報発令の情報が流れ、それが約2時間有効だとか。外はそれほど、荒れた天気でもないのに、そういうことって、あるのかしら?
 そういえば、私が子供の頃って、竜巻なんてあまりなかったような気がします。竜巻とは、アメリカではよく起きる。日本では台風がよく起きると、私は理解していましたね。
 でも、竜巻は、台風よりも勢いが強く、どんなに頑張ったって、ふっとばされてしまいますよね。注意と言われても、なかなか難しいものがありますよね。車も家も吹っ飛ばされますし、屋根なんて、周辺一帯が壊されてしまったという映像を時々テレビのニュースで見ます。あんなになってしまったら、せっかく外壁塗装しても、無駄にしかなりませんね。塗装しても、風への強度ってものはほとんど皆無ですから。
 まぁ、でも、台風なんかの場合だと、壁を守る意味から、塗装は有効かな。家を購入するときは、外壁のメンテナンスにまで気が回らず、案外皆さん、安い塗装のものを使っているんですって。そういえば、私たちも、この家の時、色こそ悩みましたが、塗装剤なんて考えたことがなかったような気がします。でも、意外に重要なことなんだよね!