歯科経営の難しさ

例えば親族経営で、歯科経営を受け継ぐことってありますよね。新しく開業するより、継承した方が楽。誰もがそう思うと思います。しかし実際には、歯科経営を継承して、とても苦労している歯医者さんは多いのです。

承継するということは、歯医者さんの箱自体は揃っているわけです。土地があり、建物もある。スタッフさんもいて、今まで通っていた患者さんもいる。そのまま引き継げば、願ったりかなったりだと思いますよね。

ではなぜ苦労するのか。例えば、承継する前の経営状態がとても良ければ、メリットだらけかもしれません。患者さんの数は増え続け、評判もよい。評判の良い歯医者さんが代替わりしたというイメージになるでしょう。

しかし、承継するということは、ほとんどの場合前医院長は高齢です。高齢の歯医者さんが経営する歯科医院は、大抵はやっていません。今までの流れで、近所のご老人方が通っているくらいでしょう。今や新しい歯医者さんはたくさんありますので、若い人たちはそちらへ流れます。

となると、承継と同時に、経営の立て直しが必要なのです。新規オープンよりも、かなり難しい作業になります。だから、歯科経営の承継は難しいのです。