熊本の居酒屋での思い出

昨年末に熊本に出張に行ったのですが、連休と言うこともあり、たっぷりと時間をかけて観光旅行をしてきました。
黒川温泉は韓国人旅行客が多くて、本当に辟易としてしまいましたが、阿蘇、草千里などは観光客もあまり長居しないスポットなのか、ゆったりと堪能することができました。
観光地はそれらしいところを巡ってはいたんですが、一番楽しかったのはなんとなく入った熊本市内の居酒屋です。
九州らしい芋焼酎のラインナップに非常に珍しい日本酒があり、地産の魚や肉、阿蘇のジャージー牛乳から作ったチーズなど、たっぷりと堪能することができます。
からし蓮根や馬刺しはもちろんですが、寿司やそばなんかも美味しい場所がらなので、非常に焼酎と日本酒と合うんです。
不思議なことに、観光客は全くいなくて地元の人ばかりが集まるような酒場だったのですが、地元民の楽しみ方として、鍋の〆に「南関揚げ」を入れるんだと教えてもらったり、食べさせてもらったり、思わぬところで熊本に詳しくなってしまった気がします。
居酒屋のおかみさんがお土産に持たせてくれた、みかんの甘くておいしいこと!
帰りにたっぷりと買いこんで行きました。